車を高く売るための交渉方法

車を買うときは高いお金を出して、思いっきり奮発したことと思います。
だから売るときも高く売却したいと考えるのは当然のこと。

しかし、実際、どのように交渉をしたらよいかわからないと思います。

そこで、元カーディーラーが有利に働く交渉方法をお伝えします。
とても簡単なテクニックなので、査定に出す前にコツをつかんでおきましょう。

きっと有利の交渉を進められると思います!
では、早速、結論からいきます。

3つの交渉術を身につけること!
すごくシンプルです。


交渉術その1:相場より価格を上乗せし、相手の出方を伺う
交渉術その2:積極的にプラス材料を伝える
交渉術その3:他の買取業者にも査定依頼を出していることを伝える


「交渉術その1」では、まず相場を知ることが大事です。
ディーラーに下取り価格を出してもらっていればOKです。
まだ、ディーラーに依頼してなければ、下記のサイトで相場を調べることができます。

グー買取(メリットは営業電話がありません)


それでは、各交渉術の詳細に入ります。

交渉術その1
・相場より価格を上乗せし、相手の出方を伺う
  →営業マンの多くは、最初は低めの売却額を提示してきます。
 そこで、事前に見積もっておいた相場価格より、高めの金額を提示します。

相手が「無理です」と言うか「上司と相談します」と言うかが分かれ目になります。
上司に掛け合ってくれるのであれば、見込みはあると考えてよいでしょう。

交渉術その2
・積極的にプラス材料を伝える
  →中古車だとどうしても下取りのイメージを持ってしまいがちです。
 しかし、愛車のプラス材料はしっかりと伝えておくべきです。
  ・オイル交換やバッテリー交換をしたばかり。
  ・タイヤを交換したばかり。
  ・高品質のスピーカーを使っている。
                 などなど
愛車の良いところを見つけてあげてください。

愛着を持って運転し、しっかりと整備をしてきたところが伝わるようにしましょう。  
査定が上乗せになる可能性が高まります。

交渉術その3 
・他の買取業者にも査定依頼を出していることを伝える
  →あなたも車を売りたいのですが、買取業者も車を買いたいのです。
 心理戦になってきますが、相手としては、時間をかけた相手を無駄にしたくありません。
 取り逃したとなると、時間と人件費はマイナスです。

 少し上乗せして、他の買取業者での見積り価格を伝えてください。
 ビジネスでの交渉になるので、妥協点を見出しながら交渉を進めてください。

まとめ
 交渉術その1:相場より価格を上乗せし、相手の出方を伺う
 交渉術その2:積極的にプラス材料を伝える
 交渉術その3:他の買取業者にも査定依頼を出していることを伝える

これらを是非、使ってみてください。
言っても価格が上がらないこともありますが、言わないと後で後悔してしまいますので! 

 

© 2018 車買取一括査定サイト比較〜中古車売却前に知っておきたい情報〜 rss